食物アレルギー対応基本方針

食物アレルギー対応基本方針

1.目的

当社は、食物アレルギー対応の重要性および当社の品質安全方針を踏まえ、お客様の安全を最優先とし、お客様に最良のサービスをご提供する観点から、「食物アレルギー対応基本方針」を定めます。

2.食物アレルギーについて

食物アレルギーについては、特定の食品にアレルギー反応を示す方がおられ、時に、重篤な症状を起こすことが知られています。
わが国においては、法令により食品に以下の7品目を使用した場合に製造者に表示義務が課せられ、また20品目については、表示推奨となっています(※)。

  • (※)食品表示法で定められたアレルゲン
    • 特定原材料7品目:製造者に表示義務あり。
      えび・かに・小麦・そば・卵・乳・落花生
    • 特定原材料に準ずる20品目:製造者に表示を推奨しているもの(表示義務ではない)
      あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

3.当社の基本的な考え方

食品表示法でアレルゲンの表示義務のある製造者は、当社にとっては食材等の仕入先にあたります。
弊社においては、お客様に以下の点につきご理解をいただいた上、可能な限り仕入先からの情報を入手し、食物アレルギーを持つお客様に食物アレルギー対応メニューをご提供することを基本方針としています。

  1. 食物アレルギー対応の重要性、法令による表示義務等を踏まえ、食物アレルギーのお客様には食物アレルギー対応メニュー(専用メニュー)のみをご提供させていただき、他のメニューのご提供は控えさせていただきます。
  2. 当社の提供する食物アレルギー対応メニューは、仕入先からのアレルゲン情報に基づき、可能な限りアレルゲンの除去に努めます。
    しかしながら、上記「2.食物アレルギーについて」のとおり7品目は表示義務があるものの、20品目は表示推奨、それ以外の品目には表示推奨もないことから、アレルゲンの完全な把握は困難です。
  3. 調理においても細心の注意を払いますが、一般のメニューと同じ厨房で調理するため、食材保管、調理器具、食器、空気等から微量にアレルゲンが混入する場合があり、アレルゲンの完全な除去は困難です。

弊社では、上記の考え方についてお客様に開示するとともに、ご注文時等に従業員から十分にご説明を行い、ご理解をいただくよう努めてまいります。

4.食物アレルギー対応メニューについて

  1. メニューの構成について
    ① 7品目対応メニュー
    食品表示法で表示が義務付けられたアレルゲン7品目すべてについて、可能な限り除去した食物アレルギー対応メニュー(7品目対応メニュー)をご提供いたします。
    ② 20品目等対応メニュー
    食品表示法で表示推奨の20品目を含めて、表示義務のある7品目以外のアレルゲンへの対応については、7品目対応メニューからお客様にお申し出いただいた食材を除外することで、対応させていただきます。
  2. お客様におかれましては、「3.当社の基本的な考え方」に記載しましたとおり、アレルゲンの完全な除去は困難であることをご理解いただき、食物アレルギー対応メニューをお申込みいただきたく、重ねてお願いいたします。
    特に、深刻なアレルギー症状をお持ちのお客様につきましては、事前に医師とご相談の上、お申込みいただきますようお願い申し上げます。
  3. なお、食物アレルギー対応の重要性に鑑み、食物アレルギー対応メニューご注文時に、お客様の状況について何点か必要事項の確認をさせていただきますことにご理解を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。
    ■食物アレルギーに関する個人情報の取得
    食物アレルギー対応メニューをご希望のお客様へは、事前にアレルゲンとして除去が必要な食材名、食物アレルギーの症状について、web、FAX、お電話等、適切な方法により取得いたします。
    ※お客様より取得した個人情報は、食物アレルギー対応メニューのご提供および万一当社施設にてお客様に食物アレルギー症状が出られた場合の医療機関等への連絡・提供以外の目的には使用いたしません。
    ■食物アレルギーに関する個人情報の確認
    食物アレルギーに関する個人情報につきましては、ご来館時にお客様と当社スタッフにより相互にご確認いただき、レストラン等をご利用いただく際にも、お名前、メニューをご確認した上で、食物アレルギー対応メニューをご提供いたします。
ページトップへ戻る