女優

鶴田真由さん

神々との対話を
もっと楽しみたい。

女優のお仕事だけでなく、旅番組のナビゲーターやエッセイストとしても大活躍の鶴田真由さんは、
かつて「お嫁さんにしたい女優ランキング」の上位に輝き続けた女性。
その話題を向けると、「いえいえ。もう随分、昔の話ですから…」と、目を丸くしながら笑顔で答えてくれました。
どんな質問にもご自分の言葉で忌憚なく話される鶴田さんのインタビューの中から、
本誌に未掲載のとっておきのエピソードをご紹介しましょう。

20代〜30代にかけて、「お嫁さんにしたい女優」と呼ばれたことがありますが、鶴田さんご自身はどのように感じておられましたか。

女優とは、働く女性の最前線にいる人々。

 皆さんがそんな風に私のことを見てくださっていたのは、とてもうれしいことなのですが、私をお嫁さんにしたら結構大変だと思いますよ(笑)。意外とわがままですから。いつも、自分のやりたいことを優先順位の一番に置いてしまうのです。だから、「家にいてほしい」と思われる女性が、理想のお嫁さん像だとしたら、期待を裏切ってしまいそうです。それに、私の知る限り、女優でお嫁さんのイメージを持っている人は、本当に少ないんです。ほとんどが、働く女性の最前線にいるような人たちばかり。私、皆さんの夢を壊してしまったかしら(笑)。

product

今回のインタビューについては、「鞍馬寺の魔王に呼ばれたような気がする」と、ホテルのスタッフに鞍馬寺の情報を熱心に聞いていた鶴田さん。鞍馬寺に惹かれる理由を聞いてみました。

宇宙のエネルギーを感じられる場所へ。

 鞍馬寺は宇宙のエネルギーを感じられる場所、と聞いたからです。護法魔王尊という神様がいらっしゃるのですが、ネット上で、金星から舞い降りたという神話が書かれていたのを読んだことがあって…。だから、エクシブ京都 八瀬離宮でのお仕事と聞いた時には、魔王様が呼んでくださったような気がしたのです。今晩は夫も京都に来ますから、明日、一緒に鞍馬寺をひと巡りしたいと思っています。でも、夫は、あまり行きたくなさそうなんですけどね(笑)。

product

鶴田さんの旅は、それぞれの土地を守り、人びととともにある神々との対話を楽しむ旅。
そこには、人生の深めるヒントがたくさん隠されているようです。
鶴田真由さん、インタビューありがとうございました。