resorttrust

リゾートトラストは次世代認定マーク「くるみん」を取得しています。

Environment地球環境

~あしたの笑顔のために~

環境活動は、「おもてなし」でもあるのではないか。私たちはそう考えています。
施設の中を清掃するだけでなく、その周辺も清掃する。
風景を愛でていただくために、地域の自然保護を考える。
地球規模の環境問題対策として、環境負荷の軽減に努める。
それらは、別々のことではなく、すべて「おもてなし」でもあるのです。
環境活動は決して遠くの話ではなく
明日お越しいただくお客さまのためにとる行動が未来のためになるのだと思うのです。
私たちの地球環境活動には、大きく2つの柱があります。
ひとつは地球環境を「守る」。もうひとつは、地球環境について「学ぶ・考える」。
いずれの活動においても、従業員たちの自主的な参画を大切にしており
全社的に取り組む活動だけでなく、各事業所や施設で、
それぞれの地域に合った手法を考え、独自に企画・実行をしています。

2011年度より、環境活動をまとめた「環境レポート」を発行しています。
リゾートトラスト「環境レポート2017」

  • 特別会談

    2016年にハワイで開催された「IUCN世界自然保護会議」での協働プロジェクトを経て、IUCN日本委員会とリゾートトラスト株式会社 代表取締役社長 伊藤勝康が特別会談を行いました。

    IUCN(国際自然保護連合)とは、1948年に創設された国際的な自然保護ネットワークです。世界160ヶ国から約11,000人の科学者・専門家が、6つの専門家委員会に所属し、各国の政府機関や非政府機関とともに生物多様性保全のための協力関係を築いています。

    特別会談、詳細はこちら

  • 第6回IUCN世界自然保護会議に参加

    2016年9月1日~10日に、IUCN(国際自然保護連合)主催の第6回世界自然保護会議(IUCN World Conservation Congress)がハワイ・ホノルルにて、開催されました。この会議は4年に一度開催され、今回は世界192カ国から約1万人が参加。今後4年間の生物多様性や自然保護に関する方向性、問題点等が議論されました。 リゾートトラストは、IUCN 日本委員会と共催でブース出展をし、「おりがみアクション*」を実施しました。また、IUCN幹部 Giulia Carbone氏とRESORTTRUST HAWAII,LLC 副社長 植田が、企業における自然環境保全、生物多様性保護に関する意見交換を行いました。

    *「おりがみアクション」とは、日本の伝統文化である折り紙で折った生き物に10年後の地球へのメッセージを書いて未来に届けるという活動のことです。

  • ESGに関する社外からの評価

    MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数
    ESG評価に優れた企業が選別して構成されています。当社は2017年のインデックスに組み入れられています。

    MSCI日本株女性活躍指数(WIN)
    性別多様性に優れた企業を選別して構成されています。当社は2017年のインデックスに組み入れられています。

  • 第2回日中韓IUCN会員会合

    第2回日中韓IUCN会員会合への参加

    2017年10月14日~10月16日に、第2回日中韓IUCN会員会合が石川県で開催されました。
    15日には、金沢市で一般公開フォーラムが開催され、「生物文化多様性を次世代が継承するために」をテーマに、日中韓と石川県で行われている活動の紹介や、各地のユースの事例発表に加え、東アジアの連携について議論されました。
    当社が運営するホテルトラスティ金沢 香林坊は、日中韓IUCN会員会合のオフィシャルホテルとして使用されました。
    また、IUCN日本委員会と共催でしいのき迎賓館と会合会場でおりがみアクションを実施し、多くの方々に楽しんでいただきました。

    *下記画像の会合資料はこちらからご覧いただけます(PDF)

    • 会合資料1
    • 会合資料1
  • 「おりがみアクション」が『生物多様性アクション大賞2016』を受賞

    リゾートトラストは、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)が主催する『生物多様性アクション大賞2016』を受賞いたしました。生物の多様性保護等について秀でた活動・取組みを行う個人・団体を表彰する制度です。
    生物多様性アクション大賞2016

  • 未来の地球へのメッセージ「おりがみアクション」

    折り紙で折った生き物に10年後の地球へのメッセージを書いて未来に届けています。子供たちを中心としてお客様に楽しんでいただきながら、自然の素晴らしさや生物多様性の大切さなどを伝える企画です。
    各ホテルにおける「おりがみアクション」

  • 国際規格(ISO14001)を認証取得

    ISO14001は、企業活動が環境に与える影響の管理を適正に行い、継続的に環境保全に取り組むための要求事項を定めた国際規格です。当社は、2006年からこの認証取得を開始し、2017年3月時点では、リゾートホテル、一般向けホテル(ホテルトラスティシリーズ)及び本社・支社で認証を取得・継続しています。

  • 豊かな緑を守り増やすために建設時に植栽を実施

    ホテル開発時には、建築計画段階で樹木の調査を行い、可能な限りホテル周囲に移植できるよう管理しています。やむを得ず切ってしまう樹木もありますが、自生している樹木の移植や植樹を行うことで、景観を守り、緑豊かな自然環境を維持しています。

  • 環境に配慮した「クローズドシステム」を導入

    グランディ浜名湖ゴルフクラブでは、周辺環境に影響を出さずにグリーンを保てる「クローズドシステム」を導入しています。これは、グリーン下に貯水槽を作ることで、農薬を含んだ水を外へ流出させることなく貯水。その水を再びグリーンに散布するもので、日本国内のゴルフ場としては、私たちが初めて導入しました。

  • 100年先も続く「再生可能エネルギー発電」

    私たちは、100年先にも続くようなクリーンエネルギー発電「リゾートトラストメガソーラー那須白河」を作りました。グランディ那須白河ゴルフクラブに隣接しており、2014年3月から発電を開始しました。

    発電出力は約2,000kWと一般的な住宅用ソーラー発電設備の500倍に相当。敷地面積255,000平方メートルの中に太陽光パネルが8,320枚設置しています。

  • 富士山植樹活動

    私たちは世界文化遺産に登録されている富士山の植樹活動を行っています。富士山の一部は雪崩が発生しやすく、自生する様々な種類の苗木を育てて植樹することで、富士山の環境保全活動を図りたい、と考えています。

  • ホテル・事業所周辺の清掃活動「リゾピカ」 「まちぴか」

    「リゾピカ」は、お客様にお越しいただくホテル周辺のリゾート地を清掃すること。「まちぴか」は、シティホテルや私たちが働く事業所周辺の街を清掃すること。「住む人・訪れる人が、美しさや潤いを感じられる街づくり」のためにできることから始めようという想いから継続している活動です。全国のスタッフが参加しています。

  • 子供たちが自然について学ぶことができる「自然学習」

    私たちはその土地でしか味わえない自然を体験することも学習のひとつだと考えています。海の生き物と触れ合うことのできる「スキンダイビング」や、「ウミガメの放流」など、子供たちが自然について学ぶことのできる企画を行っています。リゾート地ならではの豊かな自然で体験してみませんか。

  • ありのままの風景を歩いて愉しむ ふれあいの旅 フットパス

    フットパスとは、自然や街並みなどを愉しみながら歩く小径(こみち)のことで、イギリスを発祥とします。ホテル周辺の飾らない風景を楽しみながら、マップ片手に自分のペースで気ままに散策いただけます。登山やトレッキングなどとは異なり、気軽に楽しむことができる点が大きな魅力で、近年愛好家が増えています。

  • レインフォレスト・アライアンス認証農園産のコーヒー豆を使用しています。

    東京ベイコート倶楽部やエクシブ蓼科、リゾーピア別府でレインフォレスト・アライアンス認証農園産のコーヒー豆を使用しています。お客様がコーヒーを召し上がることで、熱帯雨林の自然保護や労働者の手助けにつながっています。

    このコーヒー豆は、国際非営利団体であるレインフォレスト・アライアンスが推進する基準に従い、自然環境に配慮して適正な労働環境で作られているものです。

各事業所/各施設の取り組み

  • エクシブ淡路島

    野菜を作り収穫する「エクシブ農園」

    エクシブ淡路島では、島の特産品でもある「淡路島玉ねぎ」を中心に栽培しており、お客様が収穫体験をするプランは大変好評です。自然環境についてまず自分たちが学び、お客様へお伝えすることのできる「エクシブ農園」を今後も継続してまいります。

  • グランドエクシブ初島クラブ

    ホタルを育む環境を作る!「初島ホタル育成プロジェクト」

    美しくバランスの良い自然の中にしか住むことができないホタル。そのホタルが住みやすい環境をホテル敷地内に作って放流し、そこで守り育てようという「ホタル育成プロジェクト」を行っています。毎年6月にホタルを放流し、現在も整地環境維持に努めています。自然の中にホタルが根付き美しい光を放ってくれる日を夢見ています。

  • サンメンバーズ京都嵯峨

    ごみ減量・3R優良事業所認定
    産廃処理・3R等優良事業場認定

    京都市では、事業ごみの減量及び再資源化に積極的に取り組んでいる事業所の表彰制度として「ごみ減量・3R活動優良事業所」「産廃処理・3R等優良事業場」を創設しています。サンメンバーズ京都嵯峨では3期連続で両方の認定を受けており、ごみの減量化や分別状況、管理体制などを評価していただきました。

  • リゾートトラスト「環境レポート2017」

    2011年度より、私たちが取り組んでいる環境活動をまとめたレポートを発行しています。このレポートを社内外に発信することで、環境活動へのさらなる責任と意識の高まりを目指しています。本サイトで紹介しきれなかった情報も開示しております。興味をお持ちの方、ぜひご一読ください。
    リゾートトラスト「環境レポート2017」