Social社会

地域社会への貢献

考え方

リゾートトラストグループの事業においては、「人」とのつながりを何よりも大切とし、スタッフ一人ひとりが地域社会と積極的に関わりを持ち、社会に貢献していくことが、事業活動の基本であると考えます。会社としての活動だけではなく、地域と関わりを持つ各事業所や各施設がそれぞれ主体的に活動を企画し、実行しています。また、ボランティアに参画するなど、社員自身が社会貢献できる仕組みの整備にも取り組んでいます。

清掃活動「リゾピカ」と「まちピカ」

「リゾピカ」は、お客様にお越しいただくホテル周辺のリゾート地を清掃すること。「まちピカ」は、シティホテルや私たちが働く事業所周辺の街を清掃すること。「住む人・訪れる人が、美しさや潤いを感じられる街づくり」のためにできることから始めようという思いから行っている活動です。

リゾートトラストレディス グリーンキャンペーン

リゾートトラスト株式会社は、「環境はかけがえのない商品そのものである」との考えのもと、緑化推進に貢献することを目的に、主催する女子プロゴルフトーナメント「リゾートトラスト レディス」開催県下の緑化事業団体に毎年寄附を行っております。
2021年の「リゾートトラスト レディス」は、セントクリークゴルフクラブ(愛知県豊田市)で開催され、公益社団法人愛知県緑化推進委員会「緑の募金」に対し、100万円の寄附を行いました。

グリーンビジネスアワード受賞

ザ・カハラ・ホテル&リゾートは、2015~2020年の6年連続で、ハワイ州主催の「グリーンビジネスアワード」を受賞しました。ホテル内の空調や照明に使用するエネルギーの省力化、水の使用量や廃棄物の削減など、日常的にさまざまな環境活動を実施している点が評価されたものです。ハワイの美しい自然をいつまでも守るために、今後も地域環境そして地球環境に貢献していきます。

ダイバーシティ関連の登壇・講義実績

リゾートトラストグループが取り組むダイバーシティ推進は、社会全体が抱える課題であり、今後も継続して取り組んでいく必要があると考えています。さまざまな推進実績をつくる中で、外部の企業や団体からセミナーへの登壇や講義の要請を受け、積極支援しています。

外部登壇・講義の実績例

新鮮でおいしく、地球環境にもやさしい「地産地消」

リゾートトラストグループでは、各ホテルの地域で生産された食材を使用する「地産地消」に力を入れています。地元の食材を使うことはフードマイレージの削減や燃料資源の節約、二酸化炭素の排出抑制など、環境負荷削減への取り組みにつながり、地域の活性化にもつながります。そして何より、安心で安全な旬の食材をお客様に召し上がっていただくことができ、お客様・生産者・料理人のみんなが笑顔になれる活動です。

食のプロによる「食育」

リゾートトラストでは、次世代を担う子どもたちに夢と感動を与える「食育」を行っています。地域の方々と連携し、シェフが運営ホテル近隣の小学校などに出向き、子どもたちに「食」の大切さや、みんなで食べる喜び、作る楽しさ、そして手洗い方法など、「食」にまつわるさまざまなことを伝えています。食育の授業を通じて子どもたちから、家族の皆様にも料理を作る楽しさが伝わること、食に対する関心が高まっていくことを願い、続けている活動です。

職業体験やマナー講習の実施

社会について知ってもらう機会をつくろうと、地域の子どもたちに向けたホテルならではの授業を実施。ホテルの仕事が体験できる職業体験や、テーブルマナーを学ぶ講習などを開催しています。

チャリティー賞味会「うちやま料理ものがたり」

2008年より、リゾートトラスト専務取締役 総料理長の内山敏彦は「子どもたちの未来は地球の未来…」をテーマとするチャリティー賞味会「「うちやま料理ものがたり」」を手掛けています。
料理とワイン、音楽を味わう極上のひとときを提供しており、この賞味会はシェフ育成の場と捉え、若手シェフたちも参加しています。
また、2009年から2020年までの間、イベント収益の一部は、社会福祉法人カトリック名古屋教区報恩会を通じて岐阜中津川の「麦の穂幼児ホームかがやき」に寄付を実施。毎年クリスマスの日に施設を訪問し、内山自らがサンタクロースに扮して、1年間のチャリティー募金と大きな特製クリスマスケーキを子どもたちへのプレゼントとして届けました。子どもたちの笑顔が輝くように、今後も活動を継続していきます。

東日本大震災復興支援活動

リゾートトラストグループは、東日本大震災復興に向けた応援活動を行っています。東日本大震災で被災された震災孤児遺児の方々へ継続した応援を行っており、2020年5月までの寄付金総額は2億6,920万11円となりました。

震災復興義援金の寄付

2011年3月24日よりホテルの売上金1%を積み立てた1億円に、お客様やスタッフから当社ホテルの募金箱へいただいた寄付金やリゾートトラストレディスでの募金を合わせて寄付をしました。また「東日本大震災で被災された震災孤児遺児の方々への継続した応援」をNPO法人愛知ボランティアセンターとともに行っています。

「リゾートクリスマス」企画を実施

エクシブでは、毎年多くの皆さまにロマンチックなひとときをお届けする「リゾートクリスマス」企画を開催。クリスマス期間中にご用意した「リゾートクリスマスプラン」「イヤーエンドプラン」「クリスマスルーム」「クリスマスディナーチケット」の売上の一部より、愛知ボランティアセンターを通じて東北の震災孤児遺児の方々へ寄付しています。

東北物産展キャラバンの実施

エクシブ・リゾーピア・サンメンバーズ・トラスティにて、「つづける、つながる、東北復興支援」として、東北地方の特産品をお届けする東北物産展キャラバンを開催、売上げの一部をチャリティーとして寄付しました。物産展を通しても、東北支援や震災孤児遺児支援を行っています。

フードロス削減の取り組み

リゾートトラストでは、地震など災害時に備え、非常食や保存水を備蓄しており、消費期限の近づいたそれら備蓄品を、フードバンクに寄附する活動を実施しています。 フードバンクは困窮した世帯などに無償で食品を提供する団体であり、当社はこの寄附を通じてフードロスの削減や、貧困や飢餓をなくす取り組みを支援しています。

食品寄附の実績
  • 2021/03/12 セカンドハーベスト名古屋様(アルファ米×1,825食)
  • 2021/03/24 フードバンク愛知様(保存水500ml×5,256本、アルファ米×1,457食)
  • 2021/06/24 セカンドハーベストジャパン様(アルファ米×7,250食)
  • 2022/01/27 フードバンク和歌山様(保存水500ml×1,992本、アルファ米×4,850食)

地方創生応援税制を活用した高山市への寄附

リゾートトラスト株式会社は、地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用して、高山市「飛騨民俗村再整備事業」に寄附を実施しました。これを受け、2022年1月11日、國島芳明高山市長より感謝状を授与されました。
2024年春に開業予定の「サンクチュアリコート高山 アートギャラリーリゾート」の近隣に位置する飛騨民俗村は、先人が培ってきた飛騨地域の民俗文化や里の風景のなかで非日常感を経験できる魅力のある施設です。当社は、飛騨民俗村再整備事業への寄附を通じて同エリアの活性化に貢献し、持続可能な観光地として、ホテルと地域の共存共栄を目指していきます。

社会