Environment環境

環境マネジメント

考え方

私たちの暮らしや経済活動は、地球の有限な資源を活用しています。この限りある資源を次世代に、さらに永遠に残すことは、私たちの責務であると考えます。
温室効果ガスの排出量を減らす、資源の循環型利用を進める、生態系への負荷を減らすなど、自然資本の劣化を食い止めることはもとより、生物多様性が保全された地球の実現に向け、リゾートトラストグループは日々事業活動を行っています。

環境方針(2005年10月1日制定)

基本理念

リゾートトラスト株式会社は、「夢と感動とやすらぎ」を提供し、最上のホスピタリティの実現のために、会員制リゾート事業をはじめとするさまざまな事業活動を通じて、常に価値あるサービスを提供することに努めています。私たちは、それらを実現するための企業行動が、地球環境に様々な影響を与えていることを認識し、環境との調和を図り、社会との共生に努めながら、社会や地球環境に貢献します。

行動指針

体制

リゾートトラストグループは、持続可能な社会の構築に寄与すべく事業所ごとに立地や地域性などの特性を生かした取り組みを行うことで、環境保全と事業活動に好循環を生む「環境経営」を推進しています。また、人事企画部CSR推進室が各事業部門と連携して、サステナビリティ活動に関する情報の収集や共有を図り、グループ一体とした環境保全活動を推進しています。

環境教育

リゾートトラストでは、環境問題・社会問題を踏まえた上で持続可能な成長を見据えた活動を行うことが、自社の事業継続にも欠かせないことを社員一人ひとりが理解できるよう、環境教育を実施しています。
新入社員教育や環境トラブルに備えた緊急事態対応訓練などを通じて「気付きの文化」を根付かせることで、さまざまな問題を自分事として捉え、自主的な活動を行うことを推進しています。また、社内報により定期的に環境問題・社会問題に関する情報を発信することにより、今後も持続可能な活動に対する意識の啓発にも取り組んでいきます。

具体的な実施例
環境