リゾート業界でリーディングカンパニーである当社は、東証・名証一部上場を果たしました。しかし、私たちはこれをゴールだとは全く考えておりません。さらなる飛躍をし、日本にそして世界に向けつねに新しい余暇文化の提案ができる企業となるべく、日々挑戦を続けています。2007年開業予定、東京・お台場でのアーバンリゾートという新しい分野への取組みも、そのひとつです。そして、この飛躍につながる幾つものビッグプロジェクトを成功させる重大なカギは、まちがいなく「人」です。私たちは私たちのスピリットを共有できる「人」に出会いたいと願っているのです。

当社は、2003年に30周年を迎えました。人に例えると30歳。つまり、若者と壮年の間。若年期のがむしゃらな若さの年代でもなく、壮年期の晩年考える守りの年代でもない。これまでの経験に基づき、じっくりと将来を見据え、さらに新しいステージへの舵取りを決める大切な年代であり、それが実現できる年代でもあると思います。

そこで、私たちは、これまでの経験や実績をもとに、チャレンジ精神を忘れることなく新しい目標へと進んでいくことを全員で決意したのです。がしかし、これは簡単なことではありません。一つ一つをよく吟味して、本当に求められるものだけを徹底的に追求し、新たな創造をしてゆかねばならないからです。
その実現のためには、一人の力だけでなく、全社員一丸となって取り組んでゆく力が必要です。確かに、華麗なプレーで観客をわかす長嶋茂雄のような人物は素晴らしいかもしれません。が、しかし、それよりもメンバー一人一人がいぶし銀的なファインプレーをし、それを全員で継いでいくことが大切であり、このコラボレーションこそがこれからの当社を創り、強くしてゆくのだと考えています。決して甘えない、強い自己を確立したメンバーの集合体であることが必要なのです。個人技に秀でた人だけが「人材」ではなく、目的を共有できる熱い思いを抱く人すべてが「人材」なのです。

新たなるステージへと挑戦を続けていく私たちが望むのは、「会社に入れば色々な事を学べるなぁ…」という人ではなく、「私が会社を引っ張っていくんだ。創っていくんだ。」という『あなた』です。
『あなた』と共に「新生・リゾートトラスト」を創り上げていきたい。