ESG

環境

資源循環型社会の実現

基本的な考え方

排水による水質汚染や、プラスチックなどの漂着ごみによる海洋汚染、海岸の景観の悪化は、世界的に深刻な環境問題となっています。当社グループは、美しい自然に建つ会員制ホテルをはじめ、多くの自然の中で事業活動を行っており、環境問題は大きなリスクと考えています。
大量生産、大量消費、大量廃棄による環境の悪化を低減するため、当社グループでは限られた資源を大切に活用していきます。

廃棄物の低減(資源の有効利用)

廃プラスチックの低減

当社では事業活動におけるプラスチック利用の低減を継続的に進めています。2022年4月に施行されたプラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(プラスチック新法)を踏まえ、特定12品目提供量の削減に取り組んでいます。

2022年度実績
特定12品目提供量:2019年度比1.5%減
2027年度目標:2019年度比40%減

➡ 廃棄物・資源関連

ホテルでの客室アメニティ等の環境配慮型商品への変更

2022年度より、ホテルで使用している客室アメニティの一部を環境に配慮した製品に変更しました。
例えば、歯ブラシの包材にはバイオマス素材、本体にはリサイクル樹脂を採用。使用済みの歯ブラシは回収し、先端を切り取り再度リサイクルいたします。使用と回収を同時にできるのはホテルならではの資源の循環です。再生資源の活用、プラスチックの削減、ごみ排出の削減などに貢献していきます。また2018年度より、全てのホテルやレストランで使用している年間約100万本のプラスチック製ストローの使用を原則禁止し、紙製ストローに変更しました。

バイオマス素材への転換
紙製ストローへの変更
    

100%リサイクルペットボトルの採用

2022年7月より、当社が運営するホテルの客室で100%リサイクルペットボトルのミネラルウォーターを設置しています。すでに作成されたペットボトルは水平リサイクルを行い、新たにプラスチックを生成することなくペットボトルを作成しています。これにより、プラスチックの絶対数を減らす取り組みにつなげていきます。

100%リサイクルペットボトルの導入

IC認証プリントシステムの導入

当社の事業所で使用している複合機に、IC認証プリントシステムを導入しています。印刷やコピーの出力には、スタッフ各自が所有しているICカードの認証と、複合機のタッチパネルでの操作が必要となります。そのため、誤った印刷の削減と、セルフチェックによる印刷管理を二重で行うことができます。自動出力を行わないことで情報セキュリティ管理の徹底にもつなげています。
また、出力ログのデータ集計を実施し、個人単位の印刷実績を定期的に周知しています。これにより、各自の印刷状況の確認や、スタッフ同士の相互チェックを行うことができ、紙資源の使用抑制につなげています。

食品リサイクルの推進

当社グループでは運営するホテルで食事の提供を通じてお客様に喜んでいただき、お客様の豊かさやしあわせの創出を目指しています。 調理の際に発生する食品廃棄物・食べ残しの低減や、リサイクルの推進、たい肥化、分解処理を行う設備の設置などに取り組んでいます。

2022年度実績
食品廃棄物の再生利用等実施率:51.9%
目標:2027年度65.6%

➡ 廃棄物・資源関連

リゾートトラストグループならではの食品リサイクルループの構築

当社グループでは、ホテルなどから出る食品廃棄物を再生利用する『食品リサイクル』を推進しており、2027年度には実施率を65.5%とする目標を定めています。その具体策のひとつとして、弊社施設で出た食品残渣※1をリサイクルし、肥料や飼料に加工して、野菜を栽培したり、コーヒーを抽出した後の搾りかすを使用した飼料で牛を肥育※2し、出来上がったものをホテルに食材として仕入れ、料理に使用するという食品リサイクルループの構築を進めています。今後も限りある資源の有効活用など、様々な取り組みを通して環境負荷の低減に努め、資源循環型社会の実現に貢献していきます。

  • 食品残渣・・・調理過程で出た野菜くずや、食べ残し、売れ残り、賞味期限切れの食材など
  • 肥育・・・食肉用の動物に良質な飼料を多く与えて肥らせ、肉質をよくする飼育法

食品ロスの低減

サプライチェーン全体を通した食品ロスの削減

当社では、地震などの災害時に備え、非常食や保存水を備蓄しており、消費期限の近づいた備蓄品をフードバンクに寄付する活動を実施しています。フードバンクは困窮した世帯などに無償で食品を提供する団体であり、当社はこの寄付を通じて食品ロスの削減や、貧困や飢餓をなくす取り組みを支援しています。
2023年度の寄付実績は計20カ所に向けて、保存水(500ml)を36,672本、保存食を36,950個、簡易トイレを45,947回分となりました。

セカンドハーベスト名古屋様
セカンドハーベスト名古屋様
フードバンク和歌山様
フードバンク和歌山様
    

特定非営利活動法人フードバンクとくしま様より、次のような寄贈報告を頂きました。

「この度は、多数の寄贈品を頂き誠にありがとうございました。寄贈して頂いた食品は2023年6月3日に鳴門教育大学の留学生を中心に支援物資として活用させて頂きました。鳴門教育大学は徳島県内で最も留学生が多い学校で、学生から感謝の声が多く聞かれました。」

                            
食品ロスの削減_鳴門教育大学学生
食品ロスの削減_支援の様子